HOME > TICKETPRESENT

TICKETPRESENT

現在、豊田市美術館にて好評開催中の「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」。
この展覧会は、16世紀のピーテル・ブリューゲル1世に始まり、ブリューゲル一族が150年に渡り優れた画家を輩出し続けた歴史を辿ります。この展覧会は貴重なプライベート・コレクションを中心に選び抜かれたおよそ100点で構成され、これまでにローマやパリでも開催されました。ピーテル1世からひ孫のアブラハムらに至る4世代が描いた絵画は宗教画、風景画、風俗画、寓意画、静物画など多岐に渡ります。この展覧会での注目作品を、いくつかご紹介します。

(宗教画)
一族の祖であるピーテル1世は雄大な風景を描きつつ、ヒエロニムス・ボス風の版画下絵で人気を博し、「第二のボス」と呼ばれました。ボスがキリスト教的な価値観を明確に示すのに対し、ピーテル1世は人々の現実の姿を冷静に見つめるところに彼の革新性があります。その観察眼は二人の息子をはじめとする子孫に引き継がれていきます。


ピーテル・ブリューゲル1 世(下絵)ピーテル・ファン・デル・ヘイデン(彫版)《最後の審判》1558年 Private Collection

(静物画)
静物画はヴァニタス(虚栄)という概念を表しており、どんな美しさもいずれ朽ち果ててしまうという道徳的なメッセージとして受け取られました。17世紀中頃のオランダにおける花の静物画の流行は、異国からもたらされた新種への関心や、史上最初の経済バブルとも言われるチューリップ投機に支えられていました。また、カトリック教会による対抗宗教改革運動にとっても花の絵は重要な役割を果たしています。


ヤン・ブリューゲル1世ヤン・ブリューゲル2世 《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》 1615-1620年頃 Private Collection

(風俗画)
ブリューゲル一族の画家たちは、農村の日常風景をしばしば描いています。そこには日々の労働によって腰の曲がった農夫や、物乞い、酔っ払いなどが描かれ、彼らの日常の姿を垣間見せています。しかし、そうした日常を描いた作品だけでなく、祭りや婚礼の祝宴など、非日常的な場面で喜びを爆発させる農民たちの姿もまた、一族の主題となりました。 ピーテル2世は、父と同様に、ときに農村へ出向いて、彼らの身振りや態度などをつぶさに観察しました。婚礼やダンスにおける農民たちの習慣や態度は、人間の本質を表すものとして、そのメタファー(比喩)となっているのです。


ピーテル・ブリューゲル2世 《野外での婚礼の踊り》1610年頃(Private Collection)

(寓意画・神話画)
ヤン・ブリューゲル2世は寓意画や神話画を得意とする画家でした。寓意画は抽象的な概念を視覚的に理解するための効果的な方法とみなされ、愛や平和、豊穣といった概念の擬人像が描かれます。また、非日常性や異国性を付与するために、オウムやトラ、ライオンといった当時ほとんど目にする機会のなかった動物を描き加えることもありました。 こうした作品には古代ギリシア哲学や、それに影響を受けたイタリア・ルネサンスの思想が反映されています。しかし、ヤン2世をはじめとしたブリューゲル一族による作品では、イタリア的な思想以上に、注意深い自然観察と、精緻な細部描写というネーデルラント地方の伝統を見てとることが出来ます。


ヤン・ブリューゲル2世 《地上の楽園》 1620-1625年頃 Private Collection

<チケットプレゼント>
「ブリューゲル展に、抽選で5組10名様をご招待いたします!
ご希望の方は住所・年齢・ご職業・ご連絡先と共に、「ブリューゲル展希望」と明記の上、当ホームページの「CONTACT」よりメールにてご応募ください。
応募〆切は6/20(水)深夜24:00メール到着分までです。当選者の方には別途ご連絡申し上げます。

<展覧会情報>
〜7/16 MONDAY・HOLIDAY 【開催中】 
「ブリューゲル展 画家一族の150年の系譜」
■ 会場/豊田市美術館
■ 時間/10:00〜17:30(入場は17:00まで)
■ 料金(税込)/当日 一般¥1,500 高大生¥1,100 中学生以下無料
■ お問合せ/中京テレビ放送 事業局 TEL.052-588-4466(平日9:30〜17:30)
※会期中の毎週月曜日休館(7/16は開館)
展覧会HP:http://www.ctv.co.jp/event/brueghel/


「歌声にのった少年」(パレスチナ)

ぎふアジア映画祭は、岐阜市でアジア各国の映画を上映する映画祭。市民スタッフと共に創りあげてきて、今年で39回目を迎えました。映画は、総合芸術であるとともに、生活や歴史、文化、宗教など多様な価値観をダイレクトに伝えてくれる、優れた情報媒体でもあります。『ぎふアジア映画祭』は岐阜市民の目に触れる機会の少なかったアジアの作品を上映し、アジア各国の文化・風習を紹介します。また、監督のトークショー、雑貨やお菓子の販売、ワークショップなど、様々なイベントも開催し、映画への親しみと理解をより深めて頂けます。

今年の注目は、映画祭の締めくくりを飾る「この世界の片隅」(日本)の上映と共に開催する、コトリンゴのスペシャルライブ!オープニングテーマ曲の「悲しくてやりきれない」を始め、優しい歌声とピアノ演奏で紡いだ映画の世界観を堪能するまたとないチャンスです。※詳しくはH.Pをご覧ください。


「この世界の片隅に」(日本)

<第39回ぎふアジア映画祭 これからの上映スケジュール>
◯11/11(土)
10:30~台北ストーリー(台湾)@岐阜市民会館大ホール
13:30~PK(インド)@岐阜市民会館大ホール
◯11/14(火)
19:00~台北ストーリー(台湾)@岐阜市文化センター小劇場7
◯11/18(土)
10:30~歌声にのった少年(パレスチナ)@岐阜市民会館大ホール
13:30~ソング・オブ・ラホール(パキスタン)@岐阜市民会館大ホール
◯11/19(日)
10:30~ソング・オブ・ラホール(パキスタン)@岐阜市民会館大ホール
13:30~歌声にのった少年(パレスチナ)@岐阜市民会館大ホール
◯11/27(月)
13:30~時をかける少女(日本)@岐阜市文化センター小劇場
16:00~ぼくらの七日間戦争(日本)@岐阜市文化センター小劇場
19:00~伊豆の踊子(日本)@岐阜市文化センター小劇場
◯11/28(火)
13:30~伊豆の踊子(日本)@岐阜市文化センター小劇場
16:00~野菊の墓(日本)@岐阜市文化センター小劇場
19:00~時をかける少女(日本)@岐阜市文化センター小劇場
◯12/2(土)
13:00~、18:30~この世界の片隅に(日本)126分@岐阜市文化センター小劇場
16:00〜コトリンゴライブ@岐阜市文化センター

<チケットプレゼント>
「第39回ぎふアジア映画祭」の鑑賞チケット1回券を、抽選で2組4名様にプレゼントいたします!
ご希望の方は住所・年齢・ご職業・ご連絡先と共に、「ぎふアジア映画祭希望」と明記の上、当ホームページの「CONTACT」よりメールにてご応募ください。
応募〆切は11/14(火)深夜24:00メール到着分までです。当選者の方には別途ご連絡申し上げます。ぜひご応募ください!

<ぎふアジア映画祭>
開催期間:〜12/2(土)
会場:岐阜市文化センター、岐阜市民会館、ほか
料金(税込):1回券¥800、3回券¥2,100、10回券¥5,000
※コトリンゴライブは別途チケット必要
※未就学児入場不可
お問合わせ:058-262-6200(岐阜市文化センター)
ホームページ:http://gifuasia.com


墨絵アーティスト、西元祐貴。音楽の野外フェスのメインステージでライブペインティングを行い1万8000人から大歓声を受け、福山雅治コンサートのウェルカムボードを作成し、人気ゲーム「戦国BASARA4」のキャラクターを描き、香港で行われたオークションでは西元の作品が約130万円で落札された。オリックスバッファローズや福岡ソフトバンクホークスなどスポーツ球団とのコラボや、日本太鼓演劇集団「DrumTAO」と舞台とのコラボを行うなど、2011年からのアーティスト活動とは到底思えない充実度だ。“墨絵”という究極にシンプルな方法で、多彩なイマジネーションと表現を行う、注目のアーティストが「神の手・ニッポン展Ⅱ」にて名古屋初の展示を行う。それに先駆けて久屋大通公園で行ったライブペインティングの後に話を聞いた。


――墨絵を武器に世界的に活躍されていますが、そもそもなぜ墨絵だったのでしょうか?

もともと僕はデザイン学校に通っていて、そこでグラフィックアートやアクリル絵、油絵など多くのことを学びました。学んでいるなかで、僕は絵を書くことが好きなようで好きじゃないのではないかと思うようになったんです。というのも、長時間かけて突き詰めて書くことがストレスというか・・・瞬発的に表現をする方が合ってるなと感じたんです。そこで墨絵と出会いました。

――先ほど、久屋大通公園で行われた東海テレビ主催のイベントのステージ上で墨絵を描いてくれました。わずか15分ほどで、織田信長が馬に乗っている躍動感あふれる絵が完成しました(『神の手・ニッポン展Ⅱ』では、その絵も展示される)。さすがにこのスピード感は、ライブペインティングだからというのもあるかとは思いますが、基本的に下絵なしの一発勝負で素早く描かれるというスタイルなんですよね。

はい。それと、白と黒でしかない表現に自由を感じたんです。シンプルであるからこそ観る人にとって違うようにも感じられますよね。1本の線をどう表現するかの方に面白みを感じたんです。

――もともとアーティストとして始まりが、地元である福岡市内でのライブペインティングとのことですが、西元さんのアーティストとしての表現したいものとはどういうものなのでしょうか?

もともと躍動感あふれる絵を描くのは好きです。ただ、実は今、風景画を描いたりしてるんですが、静と動の対比のようなものにも興味を持っています。

――墨絵と言うと、例えば今日描いた織田信長など“和”を感じさせるものなどをイメージしてしまいます。西元さんの場合、龍や武将なども描きますが、スポーツをしている選手の絵など、墨絵のイメージにはないものも描かれていますよね。

やはり墨絵というと仰るように龍などをイメージされると思うんです。最初はそうやって単純にイメージされるのが嫌でスポーツ選手を描いたりしていました。ただ今は、そういう固定概念もなくなって、龍や武将、女性など、自分が描きたいものを描いています。

――最近は「陶墨絵」という陶土の板に釉薬で描き、高温で焼き上げるという作品も始められたんですよね。このような手法を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

仕事としてオファーを受けたのが始まりです。墨絵と同じように描くと、焦げるし、色が出ないし、全然出来なくて。それが悔しくて1年ぐらいかけて試行錯誤を繰り返しました。それでその奥深さが面白くなって、今も続けています。墨絵と違って、他の色も使っていますしね。最初はそぎ落とした白と黒の表現から始まったんですが、逆に今は余裕ができて、他のものを取り入れるのが面白くなってきました。

――削ぎ落とされたものからはじめて、徐々に新しいものにチャレンジしていってるんですね。最初はあれもこれもつ詰め込みすぎて、そこから削ぎ落とされていく方が大多数のように思うのですが、それが逆というのも面白いです。今回、「神の手・ニッポン展Ⅱ」でもそんな作品たちが観られるのが楽しみです。

名古屋は初の展覧会になるので、作品を観てもらうのを楽しみにしています。


<チケットプレゼント>
「神の手・ニッポン展Ⅱ」に、抽選で5組10名様をご招待いたします!
ご希望の方は住所・年齢・ご職業・ご連絡先と共に、「神の手・ニッポン展Ⅱ希望」と明記の上、当ホームページの「CONTACT」よりメールにてご応募ください。
応募〆切は11/7(火)深夜24:00メール到着分までです。当選者の方には別途ご連絡申し上げます。ぜひご応募ください。人間が作り出した究極の匠の技をご覧ください。

<展覧会情報>
~12/3SUNDAY【開催中】
「神の手・ニッポン展Ⅱ」
■会場/テレピアホール
■時間/11:00〜18:00(最終入場は17:30まで) ※10/30(月)・31(火)は休館
■料金(税込)/一般\800 高校・大学生\600 小・中学生\400 ※未就学児入場無料
■お問合せ/東海テレビ放送 事業部TEL.052-954-1107(平日10:00〜18:00)