HOME > MEGLOG【編集日記】 > 細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2021」大阪展が本日11/12(金)より開催!!

MEGLOG

日本音楽界の至宝・細野晴臣は2019年に音楽活動開始から50周年を迎え、それをきっかけに改めて国内外の評価が高まっている。過去作品のアナログ化やリイシューも大々的に行われ、同年には念願のUSツアーを行い大成功を収めた。そして、彼の音楽活動の軌跡を辿る展覧会「細野観光」も東京で開催され、大好評を博した。その「細野観光」が本日11/12(金)より大阪市のグランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて再び開催となった。細野は開催に先立ち行われた内覧会に、イベントのアンバサダーを務めるタレント、ゆりやんレトリィバァとともに出席した。

この展覧会は、細野晴臣がデビューした1969年から50数年の軌跡を、「憧憬の音楽」、「楽園の音楽」、「東京の音楽」、「彼岸の音楽」、「記憶の音楽」という5つの年代から巡るビジュアル年表を中心に、音楽、写真、映像、ギター・世界各地の楽器コレクション、音楽ノート、ブックコレクション(細野文庫)などを通じて、来場者が体験する展覧会となっている。会場が一方通行ではなく円形にレイアウトされているため、5つのテーマの展示を自由に観て回ることができるのも嬉しい。アンバサダーのゆりやんとは、2017年の大阪公演にゲストで呼んだのがきっかけで親交が生まれたという。お笑い大好きな細野らしい繋がりだ。自身のコレクションについては「自分の脳内をさらけ出しているようで恥ずかしい」という通り、子供の頃に集めていたマッチ箱やノートに始まり、使用楽器もギターやベースに留まらず民族楽器までに及ぶ。それらから多様な音楽性を窺い知ることができる。


また、USツアーの様子を収めたライヴ・ドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」も同日に上映が始まった。映画タイトルの「SAYONARA AMERICA」を、はっぴいえんどの1973年に発売されたラストアルバム『HAPPY END』の収録曲「さよならアメリカ さよならニッポン」から名付けていることについて細野は「はっぴいえんどで初めてアメリカに渡って録音したアルバムがこの『HAPPY END』。そのレコーディングの時にヴァン・ダイク・パークスがやって来てこの曲を作るのを手伝ってくれたんです。それ以来の付き合いで、この映画のコンサートにも来てもらいました。それではっぴいえんどのことを思い出しました。最後に作った曲でもあるんです。”音楽はアメリカの音楽、言葉は日本語”ということで、アメリカでは音楽は分かるけど言葉が分からないと、片や日本では言葉は分かるけど音楽が分からないなんて言われたんです。僕たちは一体どこへ行けばいいんだろう、というのがその時の心境。自分たちの居場所を見つけようとしたけどどこにもないなと。での今もその心境は変わらないんです。それを思い出したんです。このコロナ禍でまたアメリカが遠い国になってしまったこともあるし、色んな意味や気持ちを込めています。」と、今の自身の気持ちも交えて語ってくれた。

多様な音楽性を携えて彷徨い歩き続ける細野晴臣。展覧会「細野観光」と映画「SAYONARA AMERICA」を体験して、その片鱗を感じ取って欲しい。


<展覧会情報>
◎12/07(火)まで開催中
細野晴臣デビュー50周年記念展
「細野観光1969-2021」

■会場/大阪市・グランフロント大阪北館ナレジキャピタル EVENT lab.
■時間/10:00~20:00
■料金(税込)/一般 ¥1,500、高校生・専門学校生・大学生・シニア(65歳以上) ¥1,000、中学生 ¥500 ※小学生以下無料
[グッズ付きチケット]
チケットケース付き ¥1700
「細野観光」特製トートバック付き ¥2500
図録『細野観光1969-2021』増補版付き ¥5000
図録『細野観光1969-2021』増補版+特製トートバック付き ¥6000
SPECIALチケット(チケットケース+図録『細野観光1969-2021』増補版+特製トートバック) ¥6200
■お問合せ/キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日曜・祝日は休日)
■主催/「細野観光 1969-2021」実行委員会(朝日新聞社、キョードーグループ、乃村工藝社、LIVE FORWARD) ■後援/ FM802/FMCOCOLO
■展覧会詳細:https://hosonokanko.jp